Macをセーフモードで起動する方法!セーフブートが遅い理由は?

セーフモード(セーフブートと呼ばれることもあります)とは、Macの機能を一部制限して起動する方法ですが、具体的には何がされているのでしょうか。ここではセーフモードの役割と使い方をお伝えします。

スポンサーリンク


Macをセーフモードで起動すると何が行われるのか?

なぜかMacがうまく起動できない、もしくは起動しても不安定という時にセーフモードで起動すると、このようなことが行われます。

  • 起動ディスクを検証して、ディレクトリに問題があれば修復する
  • システムキャッシュファイルなどを削除する
  • 必要最低限の機能で起動する
  • ログインや自動で起動されるアプリを開かないようにする

つまり、不具合があれば自動的に修復を試みてくれます。加えて、必要最低限の機能で起動することで、macOS本体に問題があるのかどうかがわかります。

セーフモードで起動すると遅くなる理由

Macは比較的に安定したOSですが、使っているとだんだん「ゴミ」のようなものが溜まっていきます。それはmacOSを速く起動するために使われるシステムキャッシュやカーネルキャッシュなどが溜まっていくからです。

セーフモードで起動するとそれらを削除してくれます。システムキャッシュなどを削除してから起動するため、通常の起動にくらべるとセーフブートは起動に時間がかかります

システムキャッシュやカーネルキャッシュをセーフブートで削除するのは、メンテナンスとして一番簡単な方法です。Macが重くなってきた、Macの動作が不安定などのときにセーフブートでキャッシュを削除するとよいでしょう。

スポンサーリンク

Macをセーフモードで起動する方法

MacBookなどをセーフモードで起動する場合、モデルによって起動の方法が異なります。特にIntelチップが使われたMacと、Appleシリコンが使われたMacでは大きく違うので注意が必要です。

AppleシリコンとIntelチップのMac両方のセーフブートを解説した動画があるので参考にしてください。

AppleシリコンMacとインテルMacをセーフブートする方法【セーフモード】

Intel Mac(2019年まで)のセーフブート方法

Intel Macはだいたい2019年のモデルまでです。年式で判断するか「」メニューから「このMacについて」を選択すると使っているチップがわかります。

手順1:「shift」キーを押したままにしておくとMacが起動する場合はそのまま「shift」キーを押し続けます。起動しない場合は「shift」キーを押しながら電源を入れてそのまま「shift」キーを押し続けます。

手順2:Appleのロゴが出て読み込みが始まったらセーフブートされているので「shift」キーをはなします。

Appleロゴ

手順3:ログイン画面の右上に赤文字でセーフブートと書かれていればセーフモードになっていることがわかります。

セーフブート

AppleシリコンMac(2020年以降)のセーフブート方法

AppleシリコンのMacは2020年以降製造されているMacです。「」メニューの「このMacについて」をみて、M1チップのシリーズを使っているものはAppleシリコン製になります。

手順1:電源ボタンを長押して「起動オプション」が表示されるまで電源を押し続けます。

起動オプション

手順2:Macがインストールされている内蔵ドライブが表示されるので選択します。

内蔵ドライブ

手順3:キーボードの「shift」キーを押すと「続ける」が「セーフモードで続ける」に変わります。

Shiftを押しながらクリック

手順4:「セーフモードで続ける」をクリックすると、自動的に再起動されセーフブートされます。

手順5:ログイン画面の右上に赤文字でセーフブートと書かれていれば、セーフモードになっていることがわかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました