【Mac】Appleの修理に出す前に!電源が入らないときに試すこと

11月29日配信開始!ほのぼの系RPG

「Macの電源が入らない…。」だからといって、すぐAppleサポートへ依頼するのは時間と手間がかかります。電源が入らないように見えて、自分でできる簡単なチェックをすることで、修理に出す必要がないことがほとんどでしょう。ここではその、簡単なチェックの方法をお伝えします。

「Macの電源が入らない」この場合、大きく分けて3つの原因が考えられます。

  1. ディスプレイの故障
  2. 電源の問題
  3. Macがフリーズするなど、その他の問題

では実際のチェックに入っていきましょう。

スポンサーリンク


 原因の切り分け手順

このチェックを動画でご覧になりたい場合はこちらで案内しています。

同様の内容を以下で説明していきます。

電源が入らない原因 ①ディスプレイの問題

最初にディスプレイがちゃんと接続されているか確認します。MacBookの場合は確認不要です。

  1. Macとディスプレイを接続しているケーブルがしっかりと差し込まれているか、ケーブルを接続しているポートに間違いがないかを確認します。
  2. ディスプレイの電源コードがディスプレイにしっかりと差し込まれていて、電源プラグがコンセントにしっかりと差し込まれているかを確認します。
  3. MacにUSBハブなどを通じてたくさんの周辺機器を接続している場合は、キーボード、マウス、スピーカー以外の周辺機器を取り外して電源ボタンを押します。
  4. ディスプレイの電源インジケーターがある場合はディスプレイに電力が供給されているかを確認します。
  5. Mac本体の電源ボタンを押します。

次に以下のような状態がみられるか確認します。

  • 起動音が聞こえる(起動音が鳴るモデルのみ)
  • ファンやドライブの動作音が聞こえる
  • スリープLEDが光る(Macに装備されている場合)
  • キーボードの「caps lock」キーを押すと点灯する

上記のいずれかが確認できる場合は、Macに電源が入っています。しかしディスプレイに映らないということは、「ディスプレイの問題」が故障原因であることがわかります。Appleのサポートに連絡して修理を依頼しましょう。

電源が入らない原因 ②電源の問題

Macの電源が入らない原因として、電気が来ていないことも考えられます。以下の手順で本当に電気が通電しているかどうか確かめてください。

  1. コンセントにプラグがしっかりと差し込まれていることを確認します。延長コードが間に入っている場合はそれも確認します。電気が来ているかどうかは、スマホを充電してみるなどして確認してください。
  2. 別のコードやアダプタが用意できる場合はそちらで試してみます。MacBookの場合は、MagSafeの断線、MagSafeのコネクタ部分のピン部分が詰まっていないか、MagSafeのLEDランプが点灯するかを確認してみます。
  3. Macに接続されているキーボード、マウス、ディスプレイおよびスピーカーを除く周辺機器を全て取り外します。
  4. 電源ボタンを10秒間押し続けます。その後、もう一度電源ボタンを押して、Macの電源が入るか確認してください。

電気の通電が問題でMacに電源が入らないようであれば、上記の手順で電源が入るようになるはずです。もし上記の手順でもMacの電源が入らないようであれば、次のチェック項目へ移ります。

電源が入らない原因 ③SMCリセット

SMC(システム管理コントローラ)には電源管理、電源ボタンを押したときの反応などをはじめとする、さまざまなハードウェアに関する機能の制御を行なっています。SMCのリセットを行うことで、電源関係やディスプレイに関連する項目の制御をリセットして問題が解消することがあります。

バッテリーの取り外しができない最近のMacBookであれば、キーボード左側の「shift + control + option」キーを押しながら、電源キーを長押しします。全てのキーを長押ししたまま10秒間押し続けます。その後電源を入れます。

バッテリーの取り外しが可能な場合は、バッテリーを取り外し、電源ボタンを5秒間押し続けます。そしてバッテリーを再び取り付け、電源ボタンで電源を入れます。

その他のモデルについてはAppleのサポートページを参照してください。このSMCリセット行ってもまだ電源が入らない場合は、Macの故障が考えられます。Appleのサポートに連絡しましょう。

電源が入らない原因 ④メモリやドライブの認識を確認


Macのメモリやドライブを増設した場合は、互換製品であること、または適切に取り付けられていることを確認します。メモリやドライブをもう一度取り付けし直すと認識することもあります。認識しない場合は出荷時に搭載されていたメモリまたはドライブを元通りに取り付けて、問題が再現されるかを確認します。

※本体内部にアクセスする場合は必ず電源がオフになっていることを確認し、電源アダプタは取り外してから行うようにします。自分でMacBookの改造を行った場合はサポートが受けられないことがあるので注意してください。