TikTok動画の撮り方!以前流行していたトランジションやテクニック!

TikTokの動画には流行があります。それは1ヶ月以内でどんどんと移り変わっていき、古くなったテクニックは飽きられてしまいます。その一方で「こんな撮り方していたよね?」と昔のテクニックを披露する動画もあります。そんな古くなってしまったテクニックを紹介します。使い方によっては新鮮なイメージを与えることもできるでしょう。

スポンサーリンク

TikTokで画面をぐるぐる回転させる方法の撮り方

画面をぐるぐると回転させてエフェクト効果を狙う方法はいろいろあります。「回し」と呼ばれるテクニック。ここでは丸1周ぐるぐると回転させる方法をご紹介します。基本的には斜めの状態から下へ回す、これを繰り返すことになります。

真上と真下は撮影しませんが、省略しても画面の速さで回っているように見えます。撮影は「3倍」のモードで行います。「長押し」で撮影にするとやりやすいでしょう。TikTokでも紹介した動画をご覧ください。

TikTokでマシンガン(機関銃)のような撮り方をする方法

バババババとマシンガン(機関銃)を撃つ動画を撮る方法です。基本的には「バ」1回に対して1度撮影することになります。その度に「自分から離れるように」カメラを動かすと良いようです。観ていただいた方が早いかもしれません。TikTokで紹介した動画をご覧ください。

TikTokで画面を軽く回転させたように見せる撮り方

画面をぐるぐると一周回転させなくても、右横から左横へ半回転させるだけでも、回っているような効果を出すことができます。撮影は「3倍」「長押し」で撮影するといいと思います。TikTokでも紹介した動画をご覧ください。

ザクッと高速で回すトランジションで切り替える

もっとも簡単な方法です。録画速度を2倍にして、「長押しで撮影」にします。そして、長押ししながら上から下までスマホを半回転ぐるっと回し、画面から指を離して録画を止めます。こんな感じです。

前半部分が高速で回るので、残りの半分は撮らずに、元のスマホの位置で撮影を再開します。勢いでザクッと回っているように見えるので、テンポの速い動画などで使えるでしょう。

くるっと回すトランジションで切り替える

上の例と違って、一周ぐるっと回ったような感覚を与える回し方です。録画速度は2倍で「長押しで撮影」にします。スマホを上から下へ半回転させたら、画面から指を離し録画を止めます。そして、残り4分の1を回しながら撮影し、スマホの位置を元に戻します。こんな感じです。

このときに撮った動画はこのようになりました。

例えば、動画の最初にこの方法で2回転させると、このような動画が撮れます。

カガミを使ったズームトランジションの撮り方

撮影を「長押し」で撮影するモードにして、ボタンを上へスライドさせるとズームが使えます。これを使った「ズームトランジション」です。このような出来上がりになります。

まず、「長押し」で撮影するモードにして、ズームインしながら撮影します。

ズームインイメージ

この動画のような感じになります。

そして「フリック」ボタンをタップしてカメラを内側へ切り替えます。

フリックボタン

顔からスマートフォンを遠ざけながら撮影します。このような感じです。

これが出来上がりの動画です。単体でシーンの切り替えに使えますが、他のトランジションを組み合わせるのも良いでしょう。

そのほかのテクニック

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー