TikTokで無断転載は禁止!?犯罪なの!?わかりやすく説明します。

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

TikTokをみていてよくおきる問題は「無断転載(むだんてんさい)」。ほかの人の動画をかってにコピーしてきて、自分の動画としてしまう問題です。これは禁止されているのでしょうか。そもそもこれは犯罪なのでしょうか。そのあたりをわかりやすく説明したいと思います。

TikTokで無断転載はダメ?禁止されているの?

TikTokには利用するためのルール、利用規約(りようきやく)があります。このルールはぜったいに守る必要があります。このルールを守らない人は「TikTokを利用できない」ことになります。ルールを守らないとアカウントを消されたり、動画を消されたりすることになります。

その利用規約ではこのような動画を使うことができないルールになっています。

他者の著作権(ちょさくけん)や商標(しょうひょう)およびその他の知的財産権(ちてきざいさんけん)やプライバシー上の権利を侵害(しんがい)するまたは侵害するおそれ(※しんがいしてしまうかもしれない)のある内容

「無断転載」の動画はこの「他者の著作権を侵害」してしまうかもしれない内容となり、ルール違反となります。したがって、TikTokでは「無断転載」の動画を使うことはできません。

スポンサーリンク

「無断転載」すると著作権侵害とはどういうことなのか

例えば、有名なユーチューバーの動画をかってに転載すると、元のユーチューバーは困ったことになります。自分の動画がかってに使われてしまうためです。そのためインターネットにある動画はほとんど「著作権(ちょさくけん)」というルールで守られています。

著作権には「転載をできるのは本人だけ」というルールがあります(※複製権と公衆送信権をわかりやすく言い換えています)。このため本人以外が転載をすることは基本的にできません。「無断転載」するということは本人以外がかってに転載するのでしょう。ですから、著作権のルール違反(侵害)となります。

自分のTikTok動画をほかの人がかってに使うと困ると思います。それと同じことがルールとして日本だけでなく世界的にさだめられています。

「無断転載」は犯罪にはなりません。動画を作成した本人が裁判所などへ訴えると、そこで無断転載が問題かどうか裁判がおこなわれます。そのような裁判になるのをさけるため、TikTokでは「無断転載」を全て禁止しているものと思われます。

TikTokのルールを守って楽しむ

TikTokの動画で禁止されているものは他にもあります。他の人の個人情報が含まれるものや、さべつや、いじめ、めいわくこういなども禁止されています。TikTok動画のルールである利用規約(りようきやく)は難しく書かれていますが、人にめいわくをかけないよういろいろルールで決められているので、めいわくをかけないように気をつければだいじょうぶでしょう。

ルールに違反(いはん)した場合は、TikTokが使えないようになるなどの制限(せいげん)がおこなわれます。そのときにはすなおに問題のある動画を消して、ルールを守るようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー