TikTokアカウントが作れない?ティックトックアカウントの作り方を解説!

TikTokに新規で登録しようとしても注意して登録しないとあなたはTikTokのご利用条件を満たしていないようです」と表示されてアカウントが作れないという状況が起きるようになっています。これは2021年の2月以降に登録しようとすると起きる現象です。

この記事では新規でTikTokアカウントを作れない場合の原因と、対策として安全にTikTokアカウントを作る方法を解説していきます。

スポンサーリンク


TikTokアカウントが作れない原因と対策

TikTokのアカウントが作れなくなっている原因は、過去に一度でも12歳以下の年齢で登録しようとした可能性がかなり高いと考えられます。

2021年2月以降、TikTokを利用しているユーザーは生年月日を入力する必要があり、その際に12歳以下の年齢を入力してしまうと、その端末では新規のアカウントが作れなくなり以下のようなエラーが表示されます。

エラーの例

「誠に残念ですが、あなたはTikTokのご利用条件を満たしていないようです。お試しいただきありがとうございます!」

例えば自分のスマートフォンで12歳以下に設定してしまうとユーザ識別子という変更できないデータが設定され、以降その自分のスマホでは新規にアカウントを作ることができなくなります

この対策としては、PCで新規登録することが考えられます。

スポンサーリンク

TikTokアカウントの作り方

自分のスマートフォンでできないなら、自分のPCで新規にTikTokアカウントを登録する。この方法が最も安全でおすすめできる解決策です。以下では安全にPCでTikTokアカウントを作る方法を紹介していきます。

安全にPCで新規TikTokアカウントを作る方法

まずTikTokのサイトにアクセスして「ログイン」ボタンをクリックします。

ログインボタン

ログイン画面の下に「登録」というリンクがあるのでクリックします。

登録

「電話番号またはメールアドレスで登録」をクリックします。

電話番号またはメールアドレスで登録

ここからはちょっとわかりにくいので、注意して操作してください。
「メールアドレスで登録」をクリックします。

メールアドレスで登録

この状態で「あなたの生年月日は?」というところに生年月日を入力します。13歳未満の年齢を入力してしまうと二度と登録できくなるので、できれば20歳以上になる生年月日が望ましいでしょう。

年齢入力

「メール」に自分のメールアドレスを入力して、その下に「パスワード」を入力します。このパスワードは今後TikTokで使うパスワードです。

パスワード入力

メールアドレスを入力して、これから使うパスワードを決めたら「コードを送信してください」というボタンをクリックします。

コードを送信してください

すると入力したメールアドレス宛てに「認証コード」が送られてくるので、その認証コードを入力したら「次へ」をクリックします。

次へ

登録画面となります。TikTokで使いたいユーザ名を決めます。表示されるユーザ名(いわゆる表示名)ではないので、それほど深く考える必要はありませんが、だれも使っていないユーザ名にする必要があります。

ユーザ名を入力したら「登録」をクリックします。

登録

問題なく登録ができたらTikTokの画面となり、無事に新規アカウントが作成されてログインした状態となります。

TikTok画面

新規のTikTokアカウントにスマホでログインする方法

新規TikTokアカウントをPCで使うなら必要はありませんが、自分のスマホで使うのであればもうちょっと操作が必要になります。

スマホのTikTokを開いたら「ログイン」を押します。

ログイン

TikTokにログインの画面で「電話番号/メール/ユーザー名を使う」を押します。

メールを使う

アカウント作成のときに使ったメールアドレスとパスワードを入力します。

メールアドレスパスワード入力

「ログイン」を押します。

ログイン

これでTikTokに新規アカウントでログインできました。

ログイン完了

あとは自由に使うことができます。

スポンサーリンク

TikTokアカウントを代理で作成してもらう方法

ここまでPCを使ってTikTokアカウントを作成する方法を解説してきましたが、もしPCがなかった場合にはどうすればいいのでしょうか。PCがない場合は回避策として誰かにアカウントを作ってもらう方法が考えられます。

どのようにしてアカウントを作ってもらえばいいのかは動画で解説しているのであわせて参考にしてください。

【TikTok】年齢制限を回避して生年月日変えるアカウントの作り方!

代理でアカウントを作成してもらう場合の注意点

動画で解説したように、代理で誰かにアカウントを作成してもらうことはできますが、おすすめの方法ではありません。理由としては、その代理で作ったひとのスマホを使えば、簡単に乗っとりなどができるからです。

あくまでもPC環境がないとTikTokが使えないという状況は困るので、代理でアカウントを作ってもらったということを念頭において、作ってもらったTikTokアカウントを運用してください。

将来的にPCが使えるようになったらアカウントを作り直したほうが、セキュリティのレベルとしては格段に上がることを覚えておいたほうがよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました