ツイッターに足跡は存在する?バレる行為とおすすめユーザーの仕組み

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

ツイッターをやっていて、特定のアカウントのタイムラインをフォローしないで見たい時ってありませんか?そこで気になってくるのが相手は自分が見ていることに気づいているのだろうかということ。いわゆる足跡機能です。mixiをやっていた方ならなじみのあるフレーズでしょう。

今回はツイッターに足跡機能があるかを中心に閲覧していることが相手にバレる行為、おすすめユーザーとして候補に上がる仕組みについて紹介していきます。

【Twitter】ツイッターに足跡機能は存在しない

結論を述べるとツイッターに足跡機能はありません。そのため、フォローしていないアカウントのタイムラインを閲覧しても相手に気づかれることはありません。しかし、いくつかやってしまうとバレる行為があります。

スポンサーリンク

【Twitter】ツイッターで閲覧していることがバレる行為

相手のアカウントをフォローする

当たり前のことですがフォローしてしまうと相手に通知が行くので、自分の存在がバレてしまいます。仮に相手が通知を切っていた、もしくは通知を見ていかったとしてもフォロワー一覧には載ってしまうため、いずれはバレる可能性があります。

フォローするという行為自体、「あなたに興味があります」ということの意思表示なわけですからバレても仕方ないでしょう。

ツイッター

相手のアカウントのツイートをリツイートする

相手のツイートをリツイートすると相手には誰がリツイートしたか通知がいきます。そのため、そこで自分の存在がバレることになります。相手が通知を見ていないもしくは通知を切っていたとしても、リツイートされたツイートをクリックする事によってリツイートしたアカウント一覧が表示されるため、そこでバレる可能性があります。

ツイッター

相手のアカウントのツイートをいいねする

いいねもリツイートと同様に相手に通知が行くため、バレてしまいます。またツイートをクリックすると表示されるいいねをしたアカウント一覧にも表示されるため、そこでバレる可能性があります。

ツイッター

【Twitter】ツイッターでおすすめユーザーが表示される仕組み

前提条件:未フォローのアカウントである

おすすめユーザーに表示される前提として、未フォローのアカウントに限られます。おすすめユーザー機能はフォローを促す仕組みですから、すでにフォローしているアカウントは一覧に表示されません。

自分のフォロワーがフォローしている人

自分のフォロワーがフォローしているアカウントがおすすめユーザーとして表示されます。いわば友達の友達がおすすめユーザーに挙がるような感じです。仕組みとして納得できる内容ですね。

同じ趣向を持つ人

自分のツイート内容と似ているアカウントがおすすめユーザーとして挙がります。

自分がガジェットやスマホ関連のツイートを中心に行っていると似たツイートを行っているアカウントがおすすめユーザーとして候補に挙がる仕組みです。趣向が同じならば仲良くなれるかもしれないし、フォローしてつながりなよ、というツイッター側のメッセージなわけですね。

同じWebサイトを見る人

同じWebサイトを見ているアカウントもおすすめユーザーとして挙がってきます。

例えば自分がMobaGateをよく見ている場合は、同じくMobaGateを見ているアカウントがおすすめユーザーとして挙がります。こちらも同じ趣向を持っているとツイッターに認識されるということでしょう。

リプライやDMをしたことがある人

リプライやDMをしたことがあるアカウントはおすすめユーザーとして挙がります。

やり取りをしたため、ツイッターが両者に何らかのつながりがあると認識するわけですね。おすすめユーザーとして候補に挙がる理由として納得できるものでしょう。

フォローしている人の傾向が似ている

例えばスマホ関連のアカウントを複数または大量にフォローしている場合は、おすすめユーザー欄にスマホに関わりのあるアカウントが表示されやすい傾向があります。

フォローを促す機能であるおすすめユーザーにまったく興味のわきそうのないアカウントを載せても意味がありませんから、理解に難くないですね。

【Twitter】ツイッターで閲覧していることをバレたくなければログインせずに見ること

もし、特定のアカウントにタイムラインを閲覧していることがバレたくなければ、ツイッターにログインせずに見ることが一番リスクがありません。ログインしていないため、相手に渡る情報が一切ないからです。

フォローはしたくないけど気になるアカウントがある方はツイッターアプリやクライアントを使わず、ログアウトしている状態でブラウザから閲覧しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー