【Photoshop】タップ一回で背景が消せる時代がすぐそこに!

App

【Photoshop】タップ一回で背景が消せる時代がすぐそこに!

投稿日: コメント (0)


有名な画像編集アプリ「Photoshop」は不可能と思われるようなことを可能にしてきました。しかし、地味な部分ですが、大きな意味のあるアップデートが控えているようです。それはクリックひとつで背景が切り取れる技術です。

スポンサーリンク

ワンクリックで人物を切り取るPhotoshop

人物を切り取るという作業はPhotoshopの基本中の基本。しかし、その技術は高いものが求められます。特に髪の毛は細いため、雑誌の表紙を飾るような切り抜きには相当な技術が必要です。まず、現在の「Photoshop CC」で人物を自動選択してみるとこうなります。

自動選択

そしてここから、髪の毛の境界を設定していき、髪の毛が自然に見えるように境界線をぼかします。

切り取り

それが、新しいバージョンのPhotoshop CCでは背景をワンクリックするだけで、人物が切り取られます。人物の影まで自然に切り取っている動画を一瞬だけみていただきましょう。

この通りです。

人物切り取り

スマホアプリに実装される日は近い

Photoshop CCがリリースされた前後に話題になったのは、「ある物体を消す」技術でした。物体を指定して消せば、なくなった部分を背景が埋めてくれます。この機能は衝撃を与えましたが、iPhoneのアプリとして「Touch Retouch」というアプリがそれをすぐに真似してみせました。

現在のアプリでも背景を消すアプリは多数ありますが、どれも背景の境界を設定する必要があります。Photoshopの今回の機能は人工知能「Photoshop Sensei」を使っていますが、これを使うとワンタップで可能になる可能性があります。いや、もうすぐ登場してもおかしくないでしょう。

画像処理の進歩

Photoshopの機能は人工知能を使っているため、同様のことを行おうとすれば、iPhone 8 / Xの「A11 Bionic」プロセッサが必要になってくるでしょう。しかしもう、実際に搭載されたiPhoneが売られているのです。あとは誰がアプリを作るか。

InstagramやLINEなど、画像や動画を使ったコミュニケーションはますます比重を増しています。Photoshopでできるのであれば、スマートフォンでもできるだろう。そんな時代になっています。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-App
-

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

google_drive_comment_addoffice

GoogleドライブでOfficeが使いやすくなる!コメントをファイル変換なしで使用可能に

GoogleドライブはWordやExcelなどを代表するOffice製品と互換性のあるGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートが使える便利なサービスです。そんなGoogleドライブですが …

facebook_stalker

Facebookがネットストーカー対策機能を導入!

SNSでも実際の社会と同じようにハラスメント行為は存在します。そしてこのハラスメント行為は相手をブロックしたから解決とはなりません。SNSでは容易に新しいアカウントを作成することができます。いわゆるネ …

店の外観

Googleで飲食店を検索すれば「待ち時間」わかるように!

Googleの検索、特に飲食店の検索は日々充実しています。店のオーナーからの情報で、詳細な情報がわかるようになっています。今回、実装された機能は「待ち時間」がわかることです。 GoogleドライブでO …

002

Instagramが本家を追い越した!?話題のARスタンプを使ってみた。

海外で人気の「Snapchat」。このアプリが持つ機能を「Instagram」はどんどんと取り入れています。その結果、Snapchatは1億6000万ユーザー、Instagramの同様の機能を使うユー …

Vinyl Reality

DJになりたい?VRDJブース「Vinyl Reality」でまずは練習!

かっこよくフロアを盛り上げるDJになってみたい!そう思ったことはありませんか?Steamで「Vinyl Reality」というゲームがリリースされました。VRを使って、機材を物理的におくことなく、DJ …