またLINEで乗っ取りが発生!まだ二段階認証対策してないの?

最近になってまたLINE乗っ取りの被害が発生しているようです。乗っ取りされた本人は気が付きませんが、その友達に連絡され「iTunesカードの番号を知らせてほしい」などのなりすまし行為が行われます。二度と乗っ取りされないためにはどうすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

LINE乗っ取り対策の基本「パスワード」

アカウントの乗っ取りはInstagramでも発生していて、LINEも同じく原因は「パスワードの使い回し」です。ダークウェブと呼ばれる世界では「ユーザー名とパスワードのセット」が1円以下で売られています。もしパスワードを使い回ししていれば、そのダークウェブで買ったパスワードでLINEやInstagramにログインできます。

基本中の基本になりますが、他のサービスでは利用していないパスワードに変更することが先決です。特に「Twitter」「Instagram」「LINE」あたりは日本で狙われやすくなっていますので、これらだけでも別のものにしておきましょう。

覚えておくことができないようであれば、別々のパスワードを紙にメモをして、人の目に届かないところへ保管した方が何倍も安全です。

LINE乗っ取り対策の最終手段「二段階認証」

LINE運営もこの乗っ取りには積極的な対策をしており、電話番号を使った認証、いわゆる「二段階認証」を導入しています。しかし、乗っ取りを受けたユーザーは、この「二段階認証」が導入されるより以前にアプリをインストールしていると思われます。

LINEに電話番号を登録しておけば、他のスマートフォンやパソコンからログインすることは不可能になります。LINEは明確に「二段階認証」という名称を使っていませんが、電話番号を登録しておくことで自動的に「二段階認証」のログイン方式となります。

まず、「LINE」アプリを開き、①「友だち」アイコンをタップし、右上にある「歯車」の設定ボタンをタップします。

友だち画面

設定画面の「アカウント」をタップします。

設定画面

アカウント画面の「電話番号」をタップします。

アカウント画面

電話番号を入力し「番号認証」をタップします。

電話番号の入力

SMSで認証番号が送られてきますので入力し、「次へ」をタップします。

認証番号の入力

「連絡先」「電話帳」を使った友達の追加を許可するかどうかを設定します。近しい友人としかLINEをしないのであれば両方オフにしておいて問題ないでしょう。

電話帳設定

「次へ」をタップすると「電話番号の登録が完了しました」というアナウンスがされます。これで登録は完了です。

登録完了

電話番号の登録が完了するとこのような同意画面が表示されます。トークの内容などを今後のサービス向上のために使わせるという同意画面です。よく意味が分からなければ「同意しない」をタップしておけば問題ありません。

同意画面

以上で二段階認証の電話番号登録は完了です。

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー