【LINE】画面下に表示されるようになった「ウォレットタブ」って?

LINEが大幅にアップデートされ、その他ボタンの代わりに「ウォレットタブ」が画面下に表示されるようになりました。これはいったい何のためのタブなのでしょうか。ウォレットタブにある「LINE Pay」の使い方を含め内容をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

LINEポイント、スタンプ、着せ替えも「ウォレット」へ

ウォレットタブを開いてみるとこのようになっています。

ウォレット画面

従来からある「LINEポイント」、「スタンプショップ」、「着せ替えショップ」もこのタブに入っています。

なぜウォレットタブが新設されたのか。それは「LINE Pay」というLINEが運営する電子マネーを使いやすくするためです。LINE Payによって個人間で送金したり、二次元バーコードで支払いをしたり、LINE Payへ電子マネーをチャージしたりすることができます。

ウォレットタブのLINE Payで個人間送金

LINEは基本的に個人間のメッセージアプリですので、これにLINE Payが加わることによって送金ができるようになります。送金するためには「LINE Pay」への登録が必要です。登録の仕方は後述するとして、送金の方法をみてみます。まずは「送金」ボタンをタップします。

送金ボタン

友達一覧が表示されます。ここで送金したい相手を選択すれば、その相手に送金ができます。

友達一覧

ただし、送金する相手も「LINE Pay」に登録していないと、このようなエラーが表示されます。

エラー画面

ウォレットタブが新設され、今後「LINE Pay」を使うユーザーが増えてくれば、割り勘の支払いなど便利に使うことができるでしょう。

「LINE Pay」のコード支払い

ウォレットタブの「コード支払い」をタップすると二次元バーコードでの支払いができます。執筆時で対応しているコンビニはローソンのみとなっています。その他、使える店舗はここから検索することができます。LINE Payを使って支払うためには「コード支払い」をタップします。

するとTouch IDやパスコードなどでの認証が求められます。

認証ができると、バーコードと二次元バーコードが表示されます。これをレジでスキャンすることによって「LINE Pay」での支払いが完了します。

「LINE Pay」に登録する方法

LINE Payに登録するには「LINE Pay」をタップするか、上部のバナーをタップします。

LINE Payボタン

まず本人確認のために電話番号の入力が求められます。携帯の電話番号を登録する必要があります。

次にパスコードを決める必要があります。数字のコードを入力するだけですが、その後「Touch ID」や「Face ID」での認証を使うか設定します。これは使う設定にしておいた方が便利でしょう。

ここまでくれば「LINE Pay」が使えるようになりそうですが、もう少し設定が必要になります。それは次項の「チャージするための設定方法」を使って銀行口座を設定しておかないと使えません。その方法をお伝えします。

「LINE Pay」にチャージするための設定方法

LINE Payに電子マネーをチャージするには、「+」ボタンをタップします。

チャージボタン

すると、チャージする方法が選択できます。

チャージ方法

そして、チャージをしようとするとエラーになります。銀行口座の登録が必要というエラーです。送金の受け取りなどのために必要となってきます。

確認ボタンをタップすると銀行口座の登録画面になります。アナウンスに従っていけば口座の登録は完了します。チャージは銀行口座からも行えるように、キャッシュカードの暗証番号を入力する必要があります。ここまで完了すれば、銀行以外の方法でもチャージができるようになります。

「LINE Pay」は普及するのか?

執筆時点では、LINE Payはそれほど認知されていません。ドコモや銀行も二次元バーコード決済を独自に始めようとしているので、どの方法が主流になるのかは未知数といったところ。LINEはほとんどのスマートフォンで使われているため、その強みが活かされれば主流になる可能性はあるでしょう。

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー