Instagramで「レイバンスパム」発生!乗っ取りを防ぐには?

App

Instagramで「レイバンスパム」発生!乗っ取りを防ぐには?

投稿日: コメント (0)


過去にTwitterなどで猛威をふるった「レイバンスパム」がInstagramでも行われるようになりました。これはアカウントを乗っ取ることによって行われ、本人の知らない間にレイバンの広告を投稿します。これを防ぐ方法を合わせてお伝えします。

スポンサーリンク

Instagramでも始まった「レイバンスパム」

「レイバンスパム」は本人の知らない間にレイバンの広告を投稿するもので、Instagramにこのような投稿が行われます。これは筆者の周りで実際に起きました。

レイバンスパム

これの主な原因は「パスワードの使い回し」です。以前のTwitterでもそうでしたが、どこからかメールアドレスとパスワードが流出しており、それを使って総当たりでアカウント乗っ取りが行われているようです。

筆者のケースでは直接本人に連絡をとり、パスワードを変更するように伝えました。アカウントは乗っ取られたものの、パスワードの変更まではされていなかったようで、無事パスワードを変更することができています。今後はパスワードを使い回さない限り、同じことは起きないでしょう。

もしInstagramのアカウントを乗っ取られたら?

乗っ取りを受けた対策として、もしくは乗っ取りを防ぐためには、Instagramのパスワード変更が必要です。変更するにはInstagramアプリの「プロフィール」画面に移動し、「・・・」もしくは歯車マークのオプションボタンをタップします。

オプションボタン

オプションメニューの中ほどに「パスワードを変更」という項目があるのでタップします。もしくは「パスワードをリセット」という項目の場合もあります。

オプションメニュー

そして、現在のパスワードと新しく「別の」パスワードを入力します。

パスワード変更

パスワードの使い回しはしないことが基本

このような被害を防ぐためにはパスワードの使い回しを避けることが基本です。しかし、色々なアプリやサイトを使っていると、大量のパスワードが必要となります。全部を全く違うパスワードにするのではなく、一部を変えるだけでも充分効果があります。

また、iPhoneの「Safari」などはユーザー名とパスワードを覚えておいてくれる機能があります。もしパスワードを忘れてしまったとしても、パスワードを復旧する機能はほとんどのサービスで導入されています。これを機会にパスワードの見直しをお勧めします。

-App -,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

アクセスランキング

アクセスランキングはまだ集計されていません。

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加