2018年のiPhone XIには「USB-C」急速充電器が同梱か?

Appleは今年2018年に発売されるiPhoneに、USB-Cタイプの急速充電器を同梱するのではないかという報道がありました。現在のiPhoneについている充電器は5Wのものですが、それがUSB-Cとなり18Wと3倍以上も速い充電が可能になりそうです。

スポンサーリンク

現在も使えるUSB-CのLightningケーブル

iPhone 8シリーズ、iPhone X,、iPad Proシリーズでは、すでにUSB-C充電器での急速充電が可能になっています。Apple純正品となると、MacBook電源アダプタ(5,200円)、USB-C Lightningケーブル(2,200円)で実現が可能です。

MacBook電源アダプタはUSB-Cで電力を供給するUSB-PD(Power Delivery)で、最大29Wの送電が可能です。iPhone側は18Wで受けることになりオーバースペックになります。しかしこの、18Wで充電した場合、iPhoneを0から50%まで充電するのに30分程度しかかかりません。

iPhone用USB-Cの図面がリーク

アダプタ図面

これが今回、中国のSNS「Weibo」でリークされた充電器の図面です。Appleは先に発売されたMacBookのように、全てのデバイスをUSB-Cに置き換えるよう動いていて、この図面でも端子がUSB-Cの形をしています。この図面は部品供給サイドからリークされたものとみられます。

USB-CとLightningケーブルの関係

現在、USB-CのLightningケーブルはAppleしか製造していません。USB-Cにはかなり多くの規格があり、USB-PDによる電力供給やディスプレイアダプタとしても使われます。このためMFi認証によるサードパーティ製のUSB-C Lightningケーブルはまだまだ先の話となりそうです。

このような現状から、次期iPhoneにUSB-C充電器とUSB-C Lightningケーブルが同梱されても不思議はないでしょう。急速充電セットが同梱されるとなれば、そのメリットは大きいと言えます。

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー