これがiPhone SE2の外観!?今度はケースの予約開始!

Apple

これがiPhone SE2の外観!?今度はケースの予約開始!

投稿日: コメント (0)


昨日お伝えした通り、中国のiPhoneアクセサリメーカー「Olixer」が液晶保護シートを発表しましたが、今日になって「保護ケース」の予約を始めました。そこには、カメラの位置やボタンの配置などがわかるようになっていますが…

スポンサーリンク

iPhone SE2の保護ケース

予約が開始となったiPhone SE2のケースはこちらになります。

iPhone SE2保護ケース

みてわかるように、ディスプレイがiPhone Xのように全面ディスプレイとなっており、「ノッチ」があります。画像からはその位置にスピーカーなどが配置されているようです。側面にボタン類が配置され、上部に電源ボタンがあり、現在のiPhone SEと同じようにみえます。

しかし、これは信用できるものなのでしょうか。

Face IDがない、ホームボタンもない

OlixerはiPhone SE2の図面をみて、液晶保護シートをデザインしたと主張しています。今回の保護ケースも同様に、図面からデザインされたものでしょう。「FlexShild iPhone SE 2018」と名付けられています。

昨日の液晶保護シートで指摘されたように、AppleがFace IDをiPhone SE2に搭載することは疑わしいとみられています。iPhone SE2の価格が高くなりすぎるからです。そして、この画像から判断できるようにホームボタンもありません。

生体認証はどうなるのか

問題は「生体認証をどうするのか」はっきりしていないことです。Appleがディスプレイ上にTouch IDを搭載できるようになったという情報はないと言っていいでしょう。ケースからは背面にセンサーがあるようにも見えません。

昨日の液晶保護シートの際、米9to5Macは「噂として扱う」としています。実際に予約販売されているこのケースがどこまで信用できるのか。このケース自体にはそれほど不自然なところはありません。しかし、全面ディスプレイと組み合わせると、疑問が生じてしまいます。

-Apple -,

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

アクセスランキング

アクセスランキングはまだ集計されていません。

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加