ベゼルレスの「iPhone 8」にケースをつけるとどんな感じ?

Apple

ベゼルレスの「iPhone 8」にケースをつけるとどんな感じ?

投稿日: コメント (0)


だいたいの噂が出揃った感のある「iPhone 8(仮称)」はベゼルレス。画面の端がほとんどないEdge-to-Edgeのディスプレイになることがわかっています。そのiPhone 8にケースをつけるとどんな感じになるのでしょうか。プロトタイプのケースを紹介します。

スポンサーリンク

iPhone 8のモックアップ

既にわかっているCAD設計図からモックアップが作成されています。前面からみたところベゼルが極端に細く、上部はスクリーンが欠けていて、そこに3Dセンサーなどが組み込まれています。

iPhone8前面

裏はガラスになっています。これはワイヤレス充電に対応するためで、金属だと電磁波を反射してしまうという理由からです。

iPhone8背面

iPhoneケースを取り付けると

これがケースを取り付けたところです。細いベゼルにぴったりはまるようにケースの端が設計されています。

ケース前面

これがその裏面。このモデルは今までのクリアケースとほぼ変わらない外観になっています。

ケース裏面1

別のケースの裏面です。こちらはスタイリッシュではないでしょうか。四角くエッジが強調されています。

ケース裏面2

手帳型ケースを取り付けると

日本人に人気の手帳型ケースを取り付ける事もできます。外観はこのようになり、ディアルカメラがのぞいています。

手帳型ケース

手帳を開けたところ。白くて細いベゼルが目立つような取り付け方になっています。このベゼルの色については、黒もあるのではないかという情報があります。

手帳型ケースの中

iPhoneのケース

もはやiPhoneにケースを取り付けるのは当然になりました。一部、「裸族」と呼ばれるケースなしのユーザーもいます。筆者も以前は裸族でした。iPhoneのデザインを楽しみたかったためです。しかし、落として画面を割ってしまって以来、ケースを付けています。

ケースで個性を出せるという考え方もあるでしょう。プレミアムなモデルとして登場する「iPhone 8(仮称)」。それに見合ったケースを選びたいところです。

参考URL:MacRumors

-Apple -,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加