iPhone Xのフロントパネルは修理できるが、バックパネルは…

Apple

iPhone Xのフロントパネルは修理できるが、バックパネルは…

投稿日: コメント (0)


毎回、新型iPhoneが発売されるとすぐに分解してしまうiFixit。今回もiPhone Xを分解して修理のしやすさを評価しました。10点満点中の6点の評価をしています。新型iPhoneにしては高いポイント。なぜこの評価になったのでしょうか。

スポンサーリンク

ディスプレイとバッテリー

iPhone修理で重要になってくるのは、ディスプレイの修理とバッテリーの交換です。そこを重点的にみていきます。

バッテリーの交換

iPhone Xはこのようにサイドからアクセスする構造になっています。バッテリーは2セルに分かれたL字型の構造をしていて、2,716mAhの容量があり、iPhone 8 Plusより少し多い容量になっています。これは演算用ボードが8 Plusに比べて70%の大きさにまで小さくなっているからです。防水設計のため難しい修理にはなるものの、比較的バッテリーの交換はしやすいのではないでしょうか。

フロントパネル

これはフロントパネルのX線写真の画像です。少々配線が複雑になっているために修理には手間と費用がかかるだろうと評価しています。しかし、最も重要Face ID部品を外さなくても交換可能なため、修理のしやすさが10点満点中の6点となっているようです。

ちなみにバックパネルは…

バックパネル

背面のガラスはエッジの曲線やカメラの曲線に至るまで慎重に溶接されていて、剥がすためには少しずつ削るように剥がしていかないといけません。割れた背面ガラスをキレイにするような方法はないとのコメントがあります。

iPhone Xの背面ガラスを破損すると修理に最大6万円程度かかる可能性があります。背面ガラスを外部の業者が修理するのは難しいでしょう。もしものためにAppleCare+に入っておくのは、良い選択肢と言えそうです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

プロセッサイメージ

Appleに新たな「速度低下」問題!5〜30%遅くなる!?

Appleはバッテリーの劣化によるシャットダウンを防ぐため、意図的にiPhoneを遅くしたとして大きな問題となり、現在そのバッテリー交換対応に追われています。それに追い打ちをかける形で新たな速度低下問 …

コンパクト

「iPhone Xはとても売れる」では、日本ではどうなのか

アメリカの有名なApple情報サイト「9to5mac」で「iPhone 8はおそらくあまり売れないが、iPhone Xはとても売れる」という記事がありました。その内容は確かに説得力のあるものでしたが、 …

iOS11パブリックベータ2が配信開始!早速バグの改善を検証してみる。

6月末にiOS11のパブリックベータが配信され、本日パブリックベータ2が配信開始となりました。筆者はパブリックベータをインストールしましたが、通常の方法ではiOS10には戻れません。したがって、iOS …

iOS9イメージ

彼らはどのようにして「iOSのソースコード」を入手したのか

今週の初め、iPhoneを動かしているiOSの重要部分である「iBoot」のソースコードがGitHubで流出しました。これはiOS9と古いバージョンのものでしたが、AppleはGitHubから削除する …

岐路に立たされるiOS開発ポリシー!新機能はどうなる?

iOS11.2がリリースされてしばらくたち、今はiOS11.2.5が最新です。しかしいまだに、iPhone Xの通話に問題があるなど、かなりバグが多い印象のアップデートになっています。今、Appleは …