iPhone SE2は今年前半に発売されない!?その理由とは?

Apple

iPhone SE2は今年前半に発売されない!?その理由とは?

投稿日: コメント (0)


iPhone SEイメージ

つい先日、台湾のDigiTimesが「Appleは4つの次期iPhoneを開発中」と題したレポートを発表しました。その中で、iPhone SEの後継機種は今年の5月〜6月だと予測しています。しかし、iPhoneの確度の高い予測で定評のあるアナリストがこれを真っ向から否定しました。

スポンサーリンク

iPhone SE2は今年前半に発売されない?

台湾DigiTimesはiPhone SE2について、「今年の第2四半期に量産が開始され、5月〜6月に発売される」とのレポートを発表しました。しかしアメリカの大手メディアはこれに懐疑的な見方を示しています。台湾DigiTimesは部品製造のリークに定評があるものの、リサーチ部門は実績が足りないからです。

そして、これまでiPhoneの予測で数多くの実績をあげているKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、台湾DigiTimesの予測に大きな疑念を抱いています。それは発売時期だけではなく、iPhone SE2のスペックも含めての疑念です。

なぜ今年前半に発売されないのか

ミンチー・クオ氏は「Appleはそのリソースを複雑なiPhone Xの開発と発売に集中した。これはiPhone SE2の開発に(リソースを使う)可能性を低くしている。」と考えています。

iPhone SE2はiOSの次期バージョンiOS12をスムーズに動かすために若干プロセッサをアップグレードし、より安いコンポーネントが使われる。そのiPhone SE2を「今年の下半期」に発売する。これが純粋な推論(purely on speculation)で起こり得ることだとしています。

ニュアンスがわかりにくいところですが、Appleのリソース、つまり開発にかけられる人員やコストのことを考慮すると「発売されるなら今年の下半期」だというところでしょう。

さらに残念な予測も……

DigiTimesはiPhone SE2に「ワイヤレス充電」が搭載されるとレポートしています。しかしこれも、クオ氏は否定しました。そして「フォームファクタの変更はない」としています。つまりは全面ディスプレイもなく、Face IDもないとのこと。

クオ氏は、AppleがiPhone SE2にかけられるリソースはほとんどないと考えています。2017年はiPhone 8/8+/Xと3モデルが発売されました。そしてクオ氏は2018年にiPhone Xの廉価版を含む3つのモデルが出ると予測しています。

これまでiPhoneは無印とPlusの2モデルでした。2年連続3つのモデルとなると相当リソースが厳しいようです。したがってこのような予測になるのでしょう。部品製造の動きに敏感なDigiTimesが動向をキャッチしたものの、クオ氏つまりKGI証券の予測に合わない。

iPhone X発売前の予測やリークはかなり正確で、発表の際にはサプライズがあまりありませんでした。しかし、今までにない機種であるiPhone Xが発売されたことで、Appleの意図が読みにくくなってしまっているようです。

参考URL:9to5Mac

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

本物との比較

Apple IDのパスワードを盗み取る手口が巧妙!対策は!?

iPhoneを利用していると、思わぬところでApple IDのパスワードを入力する場面が出てきます。多くはiCloudとの連携のためですが、慣れてしまっているためすぐ入力してしまうでしょう。しかし、ち …

ひねる動きに追従する様子

ARで表示された物体を直接「手」で操作する!

AppleがiOS11で実装する「ARkit」とモーショントラッキングデバイス「LeapMotion」を組み合わせて、ARで表示された物体を手で操作するデモが公開されました。ARの物体を直接操作できる …

iPhoneなどの約59%がiOS11に!そろそろした方がいい?

Appleのサポートページによると、iPhoneやiPadなどのiOSで動作している端末のうち、59%がiOS11となっていることが発表されました。iOS10からiOS11という大きなアップデートで、 …

QuickTime再生画面

QuickTimeとHomePodにFLAC対応がやってきた!

AppleはiOS11.2で「FLAC」Free Lossless Audio Codecをサポートしました。しかしいまだにiTunesでFLACは再生できません。しかしこれは、同じiOSデバイスであ …

古いiPhoneのバッテリー交換、1台1回で正式に開始!

Appleがバッテリーが劣化したiPhoneに対して、予期せぬシャットダウンを回避するためパフォーマンスを下げていたことが問題となりました。その解決策として、古いバッテリーの交換を1台につき1回、3, …