「iPhone SE2」はいつ?WWDC 2018以降で考えられるストーリー展開!

様々な噂が流れ、保護ケースの予約販売までされた「iPhone SE2」。結局、WWDC 2018では発表されませんでした。ではいったいいつ発売されるのか。今後のストーリーとして考えられる展開をご紹介します。

スポンサーリンク

WWDC 2018で発表されなかった「iPhone SE2」

WWDC 2018に向けて、どんどんと期待が高まっていった「iPhone SE2」。背面の画像やスクリーンプロテクターなどリークされる情報はかなり多くなっていました。結局、WWDCではiPhone SE2の発表はありませんでした。

「iOS12」はiOS11に比べて40%も速く動作し、2013年に発売されたiPhone 5sでも快適に動作します。したがって「iPhone SE」のスペックで十分なのかもしれません。しかし、新興国へ向けたローエンドのiPhoneの注目度は高いままです。

今後、iPhone SE2が発表されるとすれば、主に3つの展開があると米iDROP NEWSが言及しています。

9月新製品発表イベント

iPhone X世代の新しいiPhoneが発表されるイベントが、例年通りであれば9月に行われます。このイベントはソフトウェアの発表イベントであるWWDCに比べ、新製品の発表イベントですので、iPhone SE2も同時に発表される可能性があります。

他にも新しいiPad Proや安価なHomePod、AirPower、MacBookなど、期待されているハードウェアは多数にのぼります。

夏に開催されるサプライズイベント

今年3月、プレス向けの新製品発表イベントが行われました。ここで何が発表されるのか噂が飛び交いましたが、発表されたのは新しく安価なiPadでした。教育機関向けに提供されApple Pencilにも対応するというサプライズがありました。

このようなプレス向けのイベントが夏に行われる可能性があります。WWDCは本来の「ソフトウェア」に焦点をあてた発表イベントという基本に戻り、別のイベントでiPhone SE2を発表する。こうすることで、ソフトウェアもハードウェアもそれぞれの魅力を伝えることができます。

ニュースリリースでの発表

2016年の3月に発売されたiPhone SEは、2017年の3月に「ニュースリリース」のみでストレージがアップグレードされています。iPhone SE2も同様に「ニュースリリース」のみで発表される可能性があります。

iDROP NEWSはこのような自由度の高い製品発表について、メリットを挙げています。

もし、夏の終わりに(iPhone SE2が)リリースされれば、Appleが発売する(iPhone X世代の)安価なLCD iPhoneの売り上げ減少を避けられる可能性がある。EEC(ユーラシア経済委員会)に登録されたiPhoneはこれを指しているのかもしれない。

iPhone SE2の発売は近いのか

最後にiDROP NEWSが言及したように、ロシアなど販売される携帯電話などはEECへの登録が必要になります。事実、新しく安価なiPadは2月にEECに登録され、3月に発表されています。このEECへ、iPhoneのモデル番号とみられる携帯電話が登録されているとわかっています。

このことはWWDCでiPhone SE2が発表される噂の大きな理由となっていました。しかし、WWDCでは発表されなかった。そうなると、そう遠くないタイミングでの発表があるかもしれません。

最近になって部品供給サイドに詳しいアナリストが別会社で復帰しました。WWDCに向けたiPhone SE2発表の噂は、このアナリストが不在だったために混乱したところがあります。これでiPhone SE2の製造が始まりそうになれば、またリーク情報が出てくるものと思われます。

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー