nuroモバイル「0SIM」は果たして使える格安SIMなのか?

Sim

nuroモバイル「0SIM」は果たして使える格安SIMなのか?

投稿日: コメント (0)


これは2017年3月時点の記事です。発表当初から話題でもちきりになったnuroモバイルの「0SIM」。0円から使えるという画期的なコンセプトですが、果たして使える格安SIMなのでしょうか。

スポンサーリンク

0SIMの基本スペック

回線はドコモのものを使っています。接続という意味では問題ないでしょう。

0SIM公式サイト

月額利用料金は500MBまでは0円。ここが最大のウリです。通話ができるSIMはプラス700円で利用できます。500MB以降、100MB毎に100円が追加されていき、2GBからは1,600円(音声SIMは2,300円)となります。

事務手数料や最低利用期間などは他社の格安SIMとほぼ同様です。
参考:0SIM公式サイト

現在、一般発売はされていますが、一日あたり7,777枚の販売となっています。
これには裏側がありそうです。

気になる通信速度は?

これは実際に利用して計測された声を聴いてみましょう。

どうやら速度はほとんど期待できないようです。これが販売数制限の裏側でしょう。推測ですが、申し込みが多すぎて設備の増強が追い付いていません。したがって、速度がほとんど出ない状況となっている模様です。一日の販売数を決めているのも、これ以上申し込まれても対応できない状態になっていると思われます。

今後に期待できるか

画期的なコンセプトのため一時的にこのような状況になっているという側面はあるでしょう。容量を使って初めて利益が出る仕組みなので、このままの状態では収益が上がりません。設備の増強はされるでしょう。

どの程度の設備増強が行われるかはわかりません。大きな増強でに使える状態にしてしまうのか、徐々に追いつくように増強していくのか……。今のところは「使える」SIMとは言いづらい状況です。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

caution

格安SIM業界で始まった「端末縛り」目先の料金だけ見るとおトクに見えるが…?

FREETELが始めたスマートコミコミ+月額料金プラン。「VAIO Phone A」という最新機種が選択できる上に、10分かけ放題が無料、1年後に新しい端末に取り替えが無料と、お得感が満載ですが、大き …

auバナー

auのSIMロックを解除する方法

auで購入した携帯電話については、au以外の回線では使えないように「SIMロック」がかかっています。そうすると、例えばドコモ回線を利用している格安SIMなどは使えません。その場合はSIMロック解除の手 …

Zenfone AR

次世代端末「Zenfone AR」が格安スマホでも取り扱い開始。Daydream/Tango両対応端末。

世界で初めて、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」とARプラットフォーム「Tango」に両方対応するスマホとなる「Zenfone AR」が6月23日から発売されます。それに合わせて格 …

ピクセラモバイル

ピクセラモバイル「高速定額SIM」。速度制限なしで使い放題。他社との違いは?

2017年3月22日から提供されるピクセラモバイル「高速定額SIM」。激戦の格安SIM業界に参戦するピクセラモバイル。速度制限なしで使い放題をうたっています。他社との違いはどこにあるのか探っていきます …

FREETEL「だれでもカケホーダイ」提供開始。他社SIMでも利用可能に。

格安SIM業界の革新的な存在FREETELが3月1日より「だれでもカケホーダイ」を提供開始しました。これは「FREETELでんわ」を拡大したもので、他社SIMでもかけ放題の電話料金を利用できるようにな …