搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

Technology

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

投稿日: コメント (0)


iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価します。

スポンサーリンク

「iPhone7 Plus」のデュアルレンズ

まずはデュアルレンズの火付け役、iPhone7 Plusからみてみましょう。
iPhone7P

出典:engadget

これが効果オンとオフの違いです。正直なところこれをみる限り「一眼レフに匹敵する」とは言いがたいと感じます。これだけ背景と距離が離れているならば、後ろのボケ方はいわゆる「丸ボケ」と呼ばれる状態になります。光の丸がところどころに現れる現象です。

この作例での判断になりますが、上位機種のコンパクトデジカメでの撮影、もしくはアプリでのぼかしとあまり変わりません。積極的に使いたいボケ味ではない印象です。しかし、ボケ味にこだわらないのであれば、一眼レフっぽい写真が撮れています。

「HUAWEI P9」はどうか?

HUAWEI

出典:engadget

これは一言で「すごい」と言えるでしょう。丸ボケがきれいに出ています。iPhoneの作例に比べて若干、光源が遠いので有利ではありますが、ボケ味からしてiPhoneの背景を遠くしてもこの味は出ないと思われます。

あえて悪い点をあげるなら、「やりすぎ」という印象を受けるところでしょうか。壁が置くに向かってボケていく感じがあまりなく、一気にボケている印象。あくまでも擬似的なものなので、仕方がないかもしれません。ただ、こういうボケ味のレンズもありますので、好みによるところです。

デュアルレンズは「使える」機能なのか

HUAWEI P9には撮影後から「ピント位置とボケ具合」を調節する機能があり、これは一眼レフにはできない撮影方法です。デュアルレンズは現時点で既に「使える」以上に「興味深い」機能になっていると言えるでしょう。これから発展していく分野だと思われますので、今後が楽しみです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

仮想火星探査の様子

Vision VR/AR Summit 2017の受賞作が発表される。特にNASAの受賞作がすごい!

2017年のVision Summit 2017が発表され、「Best Of」アワードが発表されました。それはそれぞれの分野、ゲームや映画、エンターティメントなどのベストが発表されていますが、その中で …

空間認識

日本でドローンを使うならHoloLensが最適かもしれない

VRとドローンを組み合わせて、まるでドローンに搭乗したかのような操作ができます。もしかしたら、広い場所でこのような楽しみ方をしているユーザーを見たことがあるかもしれません。しかし、この方法、日本では航 …

次世代通信「5G」の実用例を紹介。エリクソンが遠隔運転や遠隔手術など。

現在、ほとんどの方が使っている通信は「4G-LTE」ですね。3年後にはその次世代のモバイル通信規格「5G(5th Generation)」通信が開始されます。より高速に、より低遅延に。いったいどのよう …

Desktopographyの操作画面

iPhone登場から10年。次の10年でiPhoneをなくす技術。

今年はiPhoneがリリースされてから10年目の年です。手のひらにスーパーコンピューターほどの性能を持ったスマートフォンがある現在。しかし、次の10年はどうでしょうか。自らスマートと名乗るこの板が残っ …

cat tracking

なぜって?そこに猫がいるから!VR世界に現実世界の猫を出現させたプロジェクト。

先日、VR機器「HTC Vive」の新製品として、「Vive Tracker」が発表されました。これは現実世界にあるものをVR画面に再現するトラッカーなのですが、このプロダクトを使ってVR世界に現実世 …