障害者と手助けをしたい人をつなぐ「&HAND」。手助けしたいけどどうしよう?

Technology

障害者と手助けをしたい人をつなぐ「&HAND」。手助けしたいけどどうしよう?

投稿日:2017年6月17日 更新日: コメント (0)


アンドハンドは6月15日から障害者と健常者を「LINE Beacon」でつなぎ、チャットボットでサポートする「&HAND(アンドハンド)」の事業化を進めると発表しました。これはLINEが3月に開催したチャットボットのアワード「LINE BOT AWARDS」でグランプリを受賞したプロジェクトでした。

スポンサーリンク

「&HAND」の仕組み

&HAND利用シーン

開発が進められている&HANDの仕組みはこのようになっています。聴覚障害者や視覚障害者、その他目に見えない障害を抱えている人が「LINE Beacon」に対応する端末を携帯して、手助けが必要な状況になると、BeaconをONにします。

すると周辺にいる&HANDを友だち登録しているユーザーにメッセージが届き、サポートの必要性が伝えられます。この登録ユーザーを「サポーター」と呼んでいます。例えば、視覚障害者が持っている白杖や、ヘルプマークをLINE Beacon端末にすることが考えられています。

障害者であっても、助けを必要としているかどうかはわからないものです。手助けをしたいと思っても具体的に何をすればいいのか、そもそも困っているのか、そのあたりのギャップを繋ぐサービス。そして&HANDアカウントを通して具体的にどうして欲しいのか、やりとりできるようになっています。

事業化の意味

この仕組みは、サークショップデザイナー、グラフィックデザイナー、UIデザイナー、エンジンニアなどのメンバーで構成されているプロジェクトでしたが、それぞれ別の会社で働くメンバーが有志で集まったものでした。

これが今回事業化されるということは、アイデアにとどまらず実現に向けて動き出したということになります。事業化に当たっては、LINE、大日本印刷、東京メトロと連携して進められ、2017年内に実証実験を実施する予定になっています。

他の分野への展開も

LINEの&HANDアカウントのタイムラインを通して、サポーターのために育成支援の情報を流すことも考えられています。また、同様の仕組みを使って外国人観光客への観光サポートなども検討されているとのこと。

仕組みとしてはシンプルですが、「助けてほしい」と「助けたい」をつなぐアイデアは素晴らしいものだと思います。「助けたいけれど失礼にあたらないだろうか」と躊躇してしまうジレンマも解消できるでしょう。今後の具体的な展開を期待したいところです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

国別シェア一覧

iPhoneって世界でどれくらい使われているの?日本ではどうなの?

2017年第一四半期のスマートフォン売り上げをベースとして、スマートフォンのシェアが発表されました。Kartarの調査によるものです。世界ではどのようなシェアになっているのか、日本ではどうなのか分析し …

flic1

スウェーデン発ワイヤレススマートボタン「flic」がおもしろそう!

最近、Bluetoothで接続するシンプルなガジェットをみるようになりました。忘れ物防止タグであるとか、リモコンであるとか…。2016年に発売されたワイヤレススマートボタン「flic」がおもしろうなガ …

HUAWEI

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価しま …

車載HUDの使用画面

499ドルの車載HUD(ヘッドアップディスプレイ)が便利。けれど、これで充分ではないですか?

「Navdy」という車載HUDが便利とのこと。HUDとは車のフロントガラスに時速やナビを表示することによって、視線移動を少なくしたまま情報を見ることができるというもの。しかし、499ドル?上海問屋なら …

Nokia Pad

ふとんの下に置くパッド型睡眠トラッカー「Nokia Sleep」

CES2018において、Nokiaはパッド型の睡眠トラッカー「Nokia Sleep」を発表しました。これはマットレスやふとんの下に滑り込ませる形で置く、パッド型との睡眠トラッカーになっており、時計型 …