ドコモ・ソフトバンク・auのIMEI判定方法&設定画面からIMEIを確認する3つの方法【iPhone】【Android】

スポンサーリンク

中古スマホの「IMEI番号」を確認する

オークションサイトなどでの購入の場合、商品説明の中に「IMEI番号」と呼ばれる15桁の識別番号が記載されていれば、「白ロム」かどうかを調べることができます。逆に言うと、IMEI番号が書かれていないスマホは論外と言っていいでしょう。

そして、IMEI番号を使って、キャリアのネットワーク制限がかかっていないか検索します。それぞれのキャリアの「ネットワーク制限判別サイト」はこちらです。

ここで、「白ロム」と思われる結果の例をご紹介します。

ドコモ 判定結果

これはドコモの中古スマホです。IMEIで検索すると「○」と判別されました。これは「白ロム」と言えるでしょう。最悪の場合、記載されているIMEI番号が偽造されている可能性がありますが、それは業者を信用できるかどうかの判断になります。

以下は注意すべき結果の例です。

au 判定結果

これはauの中古スマホです。IMEIで検索すると「△」と判別されています。これは端末の分割払いの支払いが終わっていないなどの理由で、まだ「赤ロム」つまり、使えない端末になってしまう可能性が残っています。業者を信頼できるかどうかですが、リスクが高いでしょう。ソフトバンク 判定結果

これはソフトバンクのスマホです。IMEIで検索すると「△」となっています。この業者は「万が一、使えなくなった場合は全額返金します」と書いてありましたが、果たしてそれを信用できるかどうかになってきます。やはりリスクは存在します。

オークションサイトやフリマサイトのようなところでは、業者が信頼できるかどうかになってきます。取引実績などである程度判断できるものの、自己責任の世界ですので注意が必要です。

安全に入手するなら大手中古スマホ販売店

大手中古スマホ販売店で購入すれば、「白ロム」を安全に入手することができるでしょう。IMEIの偽造は考えにくいですし、何らかのトラブルにあっても対応できます。また、保証期間があることが多いため、より安心して購入することができます。

これはある中古販売店の例です。「製造番号」としてIMEI番号が書かれていました。

 

結果は「○」です。ここまでくれば確実に「白ロム」と言えるでしょう。

 

中古スマホの白ロム、黒ロム、半黒ロム、灰ロム、赤ロムの違い

スマートフォンを安く購入する方法として、「中古を買う」という選択肢があります。しかし、中古といっても種類があり、「白ロム」や「赤ロム」という言葉を耳にするかもしれません。ここではそのそれぞれについて、解説いたします。

中古スマホの「白ロム」とは

たいていの中古スマホはこの状態で売られています。SIMカードは入っておらず、何らかの問題もありません。これであれば、購入してSIMを挿入することによって使うことができるものです。

中古スマホの「黒ロム」とは

これはSIMカードが通信可能な状態で入っている状態の中古スマホです。最低利用期間などが残っており、それを待たずにSIMカード付きで売られたりしていると思われます。月々の支払いなどが絡んできますので、購入には注意が必要です。

中古スマホの「半黒ロム」とは

これはフィーチャフォン、いわゆるガラケーに使われる用語であり、携帯電話に電話番号が書き込まれた状態のものを言います。スマートフォンではSIMカードによって携帯番号が決まるため、基本的には関係ありません。

中古スマホの「灰ロム」とは

これはSIMカードが入っているものの、キャリアとの契約は解約済みという中古スマホを言います。SIMカードを差し替えれば使えるため、ほぼ白ロムと考えていいでしょう。利点としてはSIMカードが刺さっているため、ワンセグやラジオ専用端末として使うことができると言えるかもしれません。

中古スマホの「赤ロム」とは

スマホ代金の分割が未払いになっていたり、通信料金が未払いになっているものです。キャリア側から通信できないようにロックがかかっており、基本的には解除することはできません。このスマホを「白ロム」と偽っている中古業者がいるため注意が必要です。

盗難被害にあったものもあり、最初は使えていても本来の持ち主が紛失報告をしたため、急に使えなくなるものもあります。また、端末を分割で支払いしているものを中古スマホとして販売し、途中で支払いが止まると、結果的に赤ロムとなることもあります。

 

Android端末の場合

メーカーへの問い合わせや、ネットワーク利用制限の確認などに、Android端末の「IMEI番号」を確認する必要があるかもしれません。その方法として、3種類、万が一電源が入らなくなった時も考慮してお伝えします。

IMEI確認方法:設定から確認する

これは端末によって動作が違う可能性があります。この端末の場合は、設定を開いて、一番下の方にある「端末情報」をタップします。

端末情報をタップ

次に「端末の状態」をタップします。

端末状態をタップ

そして「IMEI情報」をタップします。

IMEI情報をタップ

すると、IMEI番号が表示されます。デュアルSIM端末ですので、IMEI番号が2つあることになります。

IMEI

IMEI確認方法:電話番号で確認する

これは全てのAndroid端末で同様の動作になります。標準の「電話」アプリからIMEIを確認する方法です。とても簡単で、「*#06#」とボタンを押すだけです。通話ボタンを押す必要はなく、すぐに表示されます。

IMEI表示

IMEI確認方法:端末の電池パックを外す

もし、自分のAndroid端末の裏フタが外れるタイプであれば、そこから電池パックを外すとIMEI番号が表記されていると思われます。外れないタイプですと、裏面に小さく刻印されているかもしれません。

電池パックの裏側

iPhone端末の場合

IMEI確認方法:設定から確認する

IMEIを確認する一番一般的な方法だと思われます。まずは「設定」アプリを開き、「一般」をタップします。

一般をタップ

次に一番上の「情報」をタップします。

情報をタップ

すると、IMEI番号が表示されます。

IMEI表示

IMEI確認方法:電話番号で確認する

標準の「電話」アプリからIMEIを確認することもできます。方法はとても簡単で、「*#06#」とボタンを押すだけです。通話ボタンを押す必要はなく、すぐに表示されます。

IMEI確認方法:iPhoneの刻印を確認する

何らかの不具合でiPhoneの電源が入らなくなり、問い合わせが必要となった場合にIMEI番号が必要になるかもしれません。そんな時には、iPhoneの裏面を確認してください。とても小さな文字ですが、IMEI番号が刻印されています。

IMEI刻印

 

Amazon Kindle Unlimitedに登録すれば無料で読むことができます。
PC、スマホ、タブレットにも対応しているのでおすすめです。
ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー