【iPhone】3Dタッチが邪魔!機能をオフにして快適にする方法

iPhone

【iPhone】3Dタッチが邪魔!機能をオフにして快適にする方法

投稿日: コメント (0)


iPhone6s以降には3Dタッチ機能がついています。機能のショートカットができるなど便利なものです。その反面、思わぬところで3Dタッチとなってしまい、イライラしてしまうことがあるかもしれません。ここでは3Dタッチの設定方法をお伝えします。

スポンサーリンク

iPhoneの3Dタッチをオフにする方法

まず「設定」アプリを開き、中ほどにある「一般」をタップします。

設定メニュー

一般メニューの中から「アクセシビリティ」をタップします。

一般メニュー

アクセシビリティメニューの中に「3D Touch」という項目があるのでタップします。

アクセシビリティメニュー

ここに「3D Touch」のスイッチがあるので、これで3Dタッチをオフにできます。

3Dタッチ設定

3Dタッチの強さを変えてみるのも

もし、思わぬところで3Dタッチしてしまい邪魔になっているのであれば、「3D Touch」の設定の感度を「強い」にしてみるのも方法のひとつです。

3Dタッチの強さ

こうすれば強く押さないと3Dタッチにならないので、機能は残しつつ不意の3Dタッチを防ぐことができるかもしれません。画面下の花の絵を押してみることで、「どの程度押したら3Dタッチになるのか」確認することができます。

3Dタッチテスト

花の絵を押してみて、このように花の絵が画面全体に広がれば3Dタッチが反応したとわかります。「強い」にすれば3Dタッチの機能は残しつつ、不意の3Dタッチを防げるかもしれませんので、試してみる価値はあると思います。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-iPhone
-,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

今日の歩数

【iPhone】歩数計でどのくらい歩いたのか確認する方法

特に普段は意識していないけれど、「今日はよく歩いたな」という日はないでしょうか。例えば、買い物をするときなどは長い距離を歩くと思います。普段から意識的に歩数計をつけていなくても、iPhoneは自動的に …

【iPhone】指紋認証でロック解除できるTouch IDとは

Touch IDとは、従来であればパスコードでロック解除していた代わりに、生体認証(指紋)でロック解除できる技術です。短いパスコードでも4桁をタップしないといけませんが、Touch IDであればホーム …

あなたの知らない「iPhoneの長押し」5つの隠し技+1

iPhoneユーザーなら、いつもインターネットをみるのに「Safari」を使っていると思います。Safariには「長押し」によるショートカットが多く隠されています。その中でも使えるものを厳選してお届け …

suicaやpasmo、お買い物でも活躍!Phone XでのApple Payの使い方

来るべき支払いのために。iPhone XではApple Payの支払いの際、Face IDで認証します。しかし、具体的にどうするのか。レジまで行ったのに、まごついてしまっては恥ずかしい……。そこで、i …

【iPhone】画面の文字サイズを大きくする方法

メールやインターネットなどを使っていて、文字が小さくて読みづらい時があるかもしれません。そんな時は「設定」にて文字のサイズを大きくできます。その方法をお伝えします。 【iPhone】第二のホーム画面「 …