LINE(ライン)トークの使い方大全!バックアップ・復元・検索ほか便利な使い方まで

LINEのトーク機能はユーザーであれば1日1回は使う人も多いでしょう。友達や家族との大切なトーク履歴は大切なもの。バックアップとその復元方法を知っておけばスマホやデータの紛失時にも対応することが可能です。また、トークには知られていない便利機能が隠されています。GIFやスライドショー、動画などを使って楽しくトークする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Contents

LINEでトーク履歴をバックアップする

 

iPhone編

友達一覧画面から左上の「歯車マーク」をタップします。
iphone line 友達一覧

設定画面に切り替わったら「トーク」をタップします。
iphone line 設定一覧

トーク画面に切り替わったら「トークのバックアップ」をタップします。
iphone line トーク

トークのバックアップ画面に切り替わったら「今すぐバックアップ」をタップします。トークの容量次第では多少バックアップに時間がかかります。
iphone line バックアップ

Android編

友達一覧画面から右上の「歯車マーク」をタップします。
Android line 友達一覧

設定画面に切り替わったら「トーク」をタップします。
Android line 設定一覧

トーク画面に切り替わったら「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップします。
Android line トーク

トーク履歴のバックアップ・復元画面に切り替わったら「Googleドライブにバックアップする」をタップします。トークの容量次第では多少バックアップに時間がかかります。
Android line バックアップ

LINEでバックアップからトーク履歴を復元する

iPhone編

アプリをインストールしてセットアップする際、「トーク履歴の復元」画面が表示されるので、 「トーク履歴をバックアップから復元」をタップします。
iphone line 復元

Android編

トーク履歴のバックアップ・復元画面にある「復元する」をタップします。
Android line 復元

ポイント:大事なトーク履歴を無くさぬよう、こまめにバックアップを

大事な友人とのトーク履歴には、文字だけではなく思い出も宿るものです。できれば無くしたくありません。また、LINEで仕事のやり取りをしているのであれば、トーク履歴が消えたら連絡相手に迷惑をかけるかもしれません。
LINEがインストールされている端末は絶対壊れない保証はありません。そのため、壊れてもトーク履歴を取り出せるようにするバックアップが重要になります。残念ながらLINEは自動バックアップを行ってくれないため、こまめに手動でバックアップを取るようにしましょう。

LINEでトーク履歴から検索する

特定の友達とのLINEトークが検索できるようになりました(現在はiOS版のみ)。キーワードによる検索に加え、カレンダーで日付を指定してさかのぼることもできます。その方法をお伝えします。

キーワードで検索

まずは友達とのトーク、もしくはグループトークを開きます。そして、画面右上のメニューボタンを開くと、虫メガネのボタンがあります。それをタップすることで、キーワードが入力できるようになります。みていただくと簡単にわかると思います。

すると検索結果が並んで表示されます。これのいずれかをタップすればその部分が表示されます。

検索結果

タップしてみて、違うようであれば、「上下のボタン」でさかのぼったり、順送りができます。

検索結果表示

カレンダーの日付で検索

同じく、検索したいトークを選択して、検索ボタンを押すまでは一緒です。すると、右下に四角いカレンダーアイコンが表示されています。

カレンダーボタン

そして日付をタップすると、その日のトークにジャンプします。動画で観ていただきましょう。

画像をその場で加工して送信する

ただ撮った画像を送信するのでは味気ない・・・。そういう場合は画像を加工して送信することもできます。オリジナリティ溢れる画像で演出すればトークも盛り上がります。

加工したい写真を選択する

画像の加工はLINEアプリの中だけで行われ、ここで選択した画像はオリジナルのままで残ります。画像を送信したいトーク画面で、「+」ボタンをタップします。

トーク画面

すると写真の選択画面となりますので、加工する元となる写真を選択します。

写真の選択

フィルターをかけて画像をトリミングする

Instagramなどでよくみられるフィルターをかけることができます。写真が表示されている状態で下にある「三つの丸が重なった」ボタンをタップします。

フィルターボタン

ここでは「ヴィンテージ」フィルターをかけてみました。
次は写真をトリミングします。「□」ボタンをタップ。

トリミングボタン

写真のカドを移動させてトリミングします。ここでは構図を安定させるために左側を切り取りました。トリミングを終了するために「完了」をタップします。

トリミング完了

文字を入れることも

画像の中に文字を配置することができます。「T」ボタンをタップします。

文字ボタン

文字を入力します。文字を入力したら「完了」をタップします。

文字の入力

入力した文字はタップしたまま動かすと位置を変えることができ、指を離すだけで完了です。またゴミ箱マークへ持っていくと消すことができます。

文字の移動

画像に手書きで線を描く

画像の上に指で線を描くことができます。「えんぴつ」ボタンをタップします。

鉛筆ボタン

すると、下から線の色を選択することができ、指でなぞると線が描けます。書き終わったら「完了」をタップします。

線を描く

画像を送信する

これで「フィルター」「トリミング」「文字入れ」「線を描く」と、一通りの画像編集が終わりました。「送信」をタップします。

送信ボタン

するとトーク内に加工した画像が送信され、友達にも共有されます。

送信された画像

モデルはフリー素材アイドルのMikaさんを使わせていただきました。

スライドショーで思い出を共有する

画像を複数送ってイベントの思い出を共有することもあるでしょう。そういうときはスライドショーを作るといい感じに仕上がります。

LINEトークでのテーマの追加とタイトルの変更

スライドショーとは画像選択画面で、3枚以上の写真を選択すると使えるようになる機能です。簡単にスライドを使った動画を作成できます。まずは「写真選択」ボタンをタップします。

画像選択ボタン

画像選択画面でスライドショーに含めたい写真の「○」をタップして選択します。

画像選択

3枚選択するとこのようになりますので、スライドショー作成ボタンをタップします。

スライドショー作成ボタン

するとスライドショーのプレビューが始まり、編集ができるようになります。プレビューと今回追加になったテーマの変更の様子をみてただきましょう。10秒ほどの動画です。

文字の部分をタップすると、スライドショーのタイトルが変更できます。これも新しい機能追加です。

タイトル変更

「タイトル」に加えて「サブタイトル」も設定することができます。

タイトル決定

タイトルの設定を「完了」したら「送信」ボタンをタップします。

スライドショー送信

これでスライドショーの作成と送信ができました。

LINEトークでのスライドショーの見え方

再生ボタンをタップするとスライドショーの再生が始まります。

スライドショー再生

このような再生画面になります。右上にある「ピクチャーインピクチャー」ボタンをタップすると……

スライドショー再生画面

トーク画面と同時にスライドショーが表示されます。

ピクチャーインピクチャー

GIFアニメでトークする

今は世界的に動画でのコミュニケーションが流行していて、Instagramなどでも動画で投稿がされます。ここで今、LINEがGIFアニメの撮影機能を追加するというのは、ちょっと珍しい機能追加です。しかし、他のコミュニケーションでも利用できるGIFアニメ撮影機能は、覚えておくと便利な時があるでしょう。

トーク内のカメラから直接撮影

GIFアニメの撮影はLINEのトーク内から直接撮影します。まずはトークのカメラボタンをタップします。

カメラボタン

すると、新機能として「GIF」ボタンができています。これをタップ。

GIFボタン

カメラの撮影ボタンが点線に変わります。これがGIFアニメモードです。押している間だけGIFアニメが撮影されます。

GIF撮影

ボタンを離すと、GIFアニメの確認画面になります。ここで、送信するか、保存するなどが選択できます。

保存画面

これが撮影したGIFアニメです。保存ができるということは、Twitterなどへ送信することも可能になります。

GIFアニメ

動画を観ながら「実況トーク」する

動画を観ながら友達と感想を言い合うことができます。世界的な動画コミュニケーションの盛り上がりにLINEもうまく対応している印象です。話題の動画を観ながら、リアルタイムでのトークは盛り上がりそうです。

LINEトーク内で動画を再生する

この機能は一般的に「ピクチャー・イン・ピクチャー」と呼ばれています。LINEの画面の中に、動画の画面を出すという方法になります。まず、一緒に観たい動画を送信したら、または送信されたら動画再生ボタンをタップします。

動画の共有

動画の再生が始まったら、画面を軽くタップしてメニューを表示します。右上の四角いボタンをタップすると「ピクチャー・イン・ピクチャー」での再生が始まります。

ピクチャーインピクチャーボタン

どのような様子なのか、動画(15秒)でご覧いただきましょう。

 

「チャットライブ」でトーク内で動画を配信する

「チャットライブ」はトークルーム内のメンバーにライブ中継ができる機能です。FacebookやInstagramでも動画の配信機能が追加されており、LINEもその流れに乗った形ですが、多くの友達とつながっている分、使い方はいろいろ考えられるでしょう。さて、何を配信しますか?ちょっとしたコンサートもできそうですね。

チャットライブを始める

まずは上部の電話ボタンをタップします。

電話ボタン

そして、「LIVE」ボタンをタップするとライブの準備が整います

LIVEボタン

ライブの撮影画面で、「○」ボタンを押すとライブが開始されます。そして、左上の四角いボタンをタップすることで、画面の邪魔にならないところへ中継画面を移動させることができます。動画でご覧いただきましょう。

エフェクトも使える

先日ビデオ機能に追加されたエフェクトが全て使えます。使い方は画面右上の「←→」をタップして全画面にした後、「😀」マークのボタンをタップすると、エフェクトが選択できます。これも動画で観ていただきましょう。

 

LINEは便利なコミュニケーションアプリですが、時には迷惑に感じることがあるでしょう。例えば、無意味な自慢実況ライブが始まってしまうと、閉じるのも気がひける…。その場合、どこまでならバレないのか、検証してみました。

チャットライブとの上手な付き合い方

LINEのグループでLiveが始まると通知がされます。もしくはトークしている最中のグループでLiveが始まるかもしれません。

ライブ通知

ライブの画面が表示されています。観ているライブの画面をタップすると…

ライブ画面

「ピクチャー・イン・ピクチャー」と呼ばれる機能のボタンが表示されます。

ピクチャーインピクチャーボタン

これで、ライブを小さな画面で表示したままにすることができます。さて、ちょっと席を外しましょう。

グループ退出

ここまでならバレない!

トークの画面に戻りました。しかし、Liveは表示されたまま、視聴者も減っていません。LINEを閉じてしまうと視聴者が減るのでバレる可能性があるでしょう。

トーク一覧画面

LINEを起動したままであれば、この隙に、他の友達とのトークで愚痴をこぼしても大丈夫です。Liveは観ているまま、視聴者も減っていません。Live画面はドラッグして移動させることができます。

こっそり戻って、それなりのリアクションを…。

ライブをしている側の画面では、何もトークしていない状況のままです。

ライブ画面

そして、リアクションを返すと、それなりに観ていた感じを出せます。

リアクション

注意としては、その間に流れるトークが把握できないことでしょうか。そのあたりは雰囲気によるかと思われます。この方法が心配な場合は、親しい友人と2人でグループを作ってテスト実況をし、どこまで大丈夫か確認すると安心できるのではないでしょうか。

LINEトークにYoutube動画を共有する

LINEのトーク内にYoutubeの動画を共有するためにはまず、画面下部にある「+」ボタンをタップします。

追加ボタン

Youtubeボタンが追加されています。これをタップします。

Youtubeボタン

Youtube動画の検索画面になりますので、目的の動画を検索して表示します。

動画の検索

動画を選択すると「トークに送信」というタブが出ますのでタップします。

トークに送信

すると、Youtube動画が共有されます。

送信完了

わざわざ、Youtubeで検索してからURLをコピーしてくる必要がなくなり、便利になりました。

友達とYoutube動画を観ながらトーク

「ピクチャー・イン・ピクチャー」機能を使うと友達と動画を観ながらトークができます。方法は、まず再生をしてから、再生画面の右上にある四角いボタンをタップします。するとトーク画面内にYoutube動画画面が表示されます。

ピクチャーインピクチャー

一連の操作を17秒の動画でご覧いただきましょう。

著作権保護のため音声は消去してありますが、音声と映像を楽しみながら、友達とトークができます。話題の動画を観ながら感想を言い合うと楽しいのではないでしょうか。

Google MAP連携すれば待ち合わせが便利

待ち合わせ場所をメッセージで送れるようになりました。建物や店の名前を検索して指定することができます。その方法をお伝えするとともに、Google Mapとの連携の方法もご紹介します。

LINEで自分のいる場所を送信する方法

位置情報を送信するにはまず、送信したい相手やグループのトーク画面を表示します。そして、下のメニューの「+」ボタンをタップします。

追加ボタン

「位置情報」のボタンをタップします。

位置情報ボタン

すると、自分がいる場所の周辺地図が表示され、その下には周辺の建物や店の名前が表示されます。自分のいる位置を知らせるのであれば、「この位置を送信>」をタップします。

この位置を送信

近所の店などを送信するには下部に表示されている一覧から検索・選択します。

店の選択

そして、「この位置を送信>」をタップします。

店の名前を送信

LINEで待ち合わせ場所を指定して送信する方法

後日の待ち合わせ場所を送信したい場合、その場所は自分の位置から離れたところであることが多いと思われます。その場合も、トーク画面の「+」をタップし、「位置情報」をタップします。

位置情報ボタン

そして地図をスクロールして目的地付近まで移動します。二本指でピンチ操作すれば地図を拡大/縮小できますので、離れた場所へも移動できます。

地図の移動

待ち合わせ場所まで移動して、店ではなくその場所で待ち合わせをするなら、「この位置を送信」をタップします。

位置情報の送信

周辺の店で待ち合わせをするのであれば、「ピンの周辺を検索」ボタンをタップします。

周辺を検索

すると、周辺の店などの一覧が表示されますので、検索・選択します。

店の選択

そして「この位置を送信>」をタップします。

名前を送信

Googleマップの場所をLINEで送信する方法

Googleマップを起動して、送信したい場所を「長押し」するとこのように「ピン」が表示されます。

ピンの表示

そして「指定した地点」を引き上げると、「共有」ボタンが現れます。

共有ボタンの表示

共有ボタンをタップすると、「LINE」ボタンが表示されています。これをタップします。もし、LINEボタンが表示されていなければ、その他「・・・」ボタンをタップしてLINEのスイッチをオンにしてから完了をタップし、「LINE」ボタンをタップしてください。

LINEボタン

LINEボタンをタップすると、送信画面が表示されます。ここで、「送信先」をタップします。

送信先ボタン

すると、LINEのトークリストが表示されますので、送信したいトークをタップします。

送信相手選択

最後に「送信」ボタンをタップすれば完了です。

相手にはどのように表示されるのか

LINEトーク内の位置情報送信ではこのように相手へ表示されます。

送信結果

位置情報を送った場合はテキストで住所が表示されます。この地図をタップすると、送信するときと同じ地図が表示されて自由に周辺をスクロールすることができます。場所や店の名前を指定した場合はその名前が送信されます。同様に地図が表示され周辺をみることができます。

Googleマップから送信した場合は、このようにリンクが送信されます。

マップのリンク

メッセージには指定した位置の住所とリンクが表示されます。リンクをタップすると、LINE内のブラウザでGoogleマップが表示されます。住所は同時に表示されていませんので、少々注意が必要かもしれません。Googleマップアプリをインストールしていてもエラーが表示されますが、「アプリを使用」ボタンをタップするとアプリに移動できます。

Googleマップ表示

待ち合わせ場所を決めるためにLINEを使うことはよくあると思います。位置情報をうまく使ってスムーズなやりとりに役立ててください。

 

LINEグループトークの便利な使い方

複数人でトークを共有できる「グループトーク」は便利です。しかし、複数人で共有しているからこそ、逆に不便なことも出てきます。ここでは、グループトークで使えるちょっと便利な使い方を紹介します。

特定の相手に話しかける「メンション」

複数人で会話しているため、特定の相手に話しかけてもそれは伝わりません。そのための機能として「メンション」があります。Twitterでいう「返信」のようなもの。これを使うと相手に話しかけたことがわかります。

話しかけたい相手がいる場合、まずは「@」を入力します。これは半角でも全角でも大丈夫です。

@の入力

するとグループに参加しているメンバーが表示されます。ここから話しかけたい相手を選択します。

相手の選択

このようにメンション付きでトークを送ることができます。

メンション送付

送られた側には「メンションされました」と話しかけられたことがわかるようになっています。

メンションの通知

グループトークを非表示にする

年に数回だけイベントのために使われるなど、削除はされないものの今後使うグループトークがあるかと思います。しかし、ずっと表示されているとトークは増える一方です。その場合はグループトークを非表示にできます。

iPhoneの場合は、グループトークを左へスライドすると「非表示」が現れますので、それをタップします。

iPhoneの非表示

Androidの場合は、グループトークを長押しするとメニューが現れますので、「非表示」をタップしてください。

Androidの非表示

これはトーク内を整理するための機能で、次に誰かが発言するとまた表示されます。

グループトークの通知をオフにする

グループトークで話題がそれていって、もう見る必要がなくなるということはよくあるでしょう。しかし退出すると「退出しました」と表示されてしまうので気になるところ。そんなときはグループトークの通知だけオフにして、邪魔にならないようにするのはいかがでしょうか。

トークのメニューボタンをタップします。

トークメニュー

すると「通知オフ」ボタンがありますので、これをタップします。

通知オフボタン

こうすれば、グループトーク自体は表示されるものの、通知がされないので放っておくことができるでしょう。

画像出典元:allabout.co.jpkininaru-kininaru.com

送信ボタンを押さずにメッセージを送る

LINEを使っているとき、送信ボタンまで指を伸ばすのが億劫になることはありませんか?いちいち送信ボタンまで指を伸ばすのは、意外とストレスになります。しかし、実は送信ボタンを押さなくてもメッセージを送る方法があります。改行キーを送信キーに入れ替えるのです。今回はその方法を紹介します。

改行キーを送信キーに変更する

LINEのトップ画面を開き、矢印アイコンをタップします。
20180311-line-top

設定画面からトークをタップします。
20180311-line-settei

トーク画面から「Enterキーで送信」をタップしてチェックを入れます。設定は以上です。
20180311-line-talk

左が設定変更前、右が設定変更後です。改行キーが送信キーに変更されています(IMEはshimejiを使用しています)。
20180311-line-kaigyo-enter

戻したいときは逆の手順を踏めばOK

改行をあまり使わない方は、これでスピーディーにメッセージを送信できるようになります。一方、知らないうちに改行キーを送信キーに変更してしまい、困っている方も見かけます。その場合はトーク画面から「Enterキーで送信」のチェックを外せば送信キーが改行キーになり、改行が効くようになります。

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー