【Mac】TimeMachineで復元・バックアップの設定方法と使い方

MacやPCのバックアップは非常に重要でハードウェアのトラブル時に必要なだけでなく、誤操作でファイルを削除したりファイルが破損したときや以前の状態に戻したいときなどに有効です。

今回はMacでのTimeMachineの設定方法から使い方までをご紹介します。

スポンサーリンク

TimeMachineとは

TimeMachineとはMacに標準で搭載された自動バックアップ機能です。
バックアップにはシステムファイル、アプリケーション、音楽、写真、メール、書類などを含むMac全体のバックアップを作成できます。

TimeMachineを使用するとあらゆるもののコピーがバックアップ上に保存されるだけでなく、内蔵ディスク上で変更されたファイルのローカルスナップショットも保存されるため、以前のバージョンを復元できます。

TimeMachineではコンピュータ内にローカルスナップショットが作成されますが、内蔵ディスク以外の場所にもファイルのバックアップを作成しておくことで、内蔵ディスクまたはMacに問題が起きてもシステム全体を別のMacに復元できます

TimeMachineの設定方法

TimeMachineの設定方法はどのようにするのかは、以下の項目に沿って説明していきます。

  1. 事前に用意しなければならないもの
  2. 設定方法

1.事前に用意しなければならないもの

事前に用意しなければならないものは、Macのシステム全体をバックアップするための外付けのドライブが必要となります。

外付けのドライブとはどのようなものを用意すれば良いのかというと、以下のディスクを用意すればTimeMachineを使用することができます。

  • MacのUSB、Thunderbolt、またはFireWireポートに接続した外付けのHDD
  • ネットワーク上のTimeCapsuleまたはmacOS Server
  • ネットワーク上のAirMac Extreme ベースステーションのUSBポートに接続された外付けHDD

などが使用できます。

では外付けドライブはどれくらいの容量が必要なのかというと、システム全体をバックアップするためには内蔵ディスクの容量以上のディスク容量を用意する必要があります。それに加えて外付けディスクのバックアップが必要であれば、合計容量以上のディスク容量が必要となります。

2.設定方法

外付けドライブをMacに直接接続すると、そのドライブを使用してTimeMachineでバックアップを作成するかどうかの確認メッセ時が表示されることがありますが、そのドライブを用いてバックアップを作成する場合「バックアップディスクを暗号化」(推奨)を選択し、「バックアップディスクとして使用」をクリックします。

ドライブをMacに接続した時点で、TimeMachineのバックアップディスクの選択画面が表示されない場合は、以下の通りの設定を行います。

  1. Dockにある「システム環境設定」から「TimeMachine」をクリックします。
  2. 「バックアップディスクを選択」「ディスクを選択」または「バックアップディスクを追加/削除」をクリックします。
  3. リストからバックアップディスクを選択し「ディスクを使用」をクリックします。

続いて、バックアップ対象から内蔵ディスク内の指定フォルダを除外したい場合、複数Macに接続しているHDDで指定の外付けのディスクのみ除外したい場合は以下の通りの設定を行います。

  1. Dockにある「システム環境設定」から「TimeMachine」をクリックします。
  2. 下部にある「オプション…」ボタンをクリックします。
  3. 開いたウインドウで「+」ボタンを押してバックアップ対象から除外したいフォルダやドライブを選択します。
  4. 選択された項目がリストに表示されているのを確認して「保存」ボタンをクリックします。
    除外対象から外してバックアップ対象に戻す場合は、バックアップ対象に戻す項目をリストより選択して「ー」ボタンを押してリストから消えているのを確認し、「保存」ボタンをクリックします。)

 

バックアップの頻度

バックアップ先のドライブは指定しましたが、いつバックアップを作成するかの設定項目はありませんでしたがどのようになっているのでしょうか。

TimeMachineは過去24時間分の毎時間のバックアップ、過去1ヶ月分の毎日のバックアップ、過去すべての月の1週間ごとのバックアップを自動的に作成します。バックアップディスクの容量がいっぱいになると、一番古いバックアップが削除されます。

毎時間のバックアップ

毎時間のバックアップとはどのようになっているのでしょうか?
Macのシステム全体のバックアップを毎時間作成するとなると、かなりMacに負荷がかかりそうな気がしますが、実際には前回のバックアップから変更を加えられた箇所のみバックアップを作成する方法をとっています。

TimeMachineEditorを使用した更新頻度の変更

たとえ変更分のみのバックアップ作成といえども、他の作業中にバックアップを開始されると負荷がかかりますので、更新頻度を変更したい、毎時間の変更よりもバックアップディスクの容量が大きくないから頻度を少なくして長期間のバックアップを残したいという要望もあるかと思います。

先ほどの「システム環境設定」内の「タイムマシン」の項目を確認しても更新の日時設定の項目がありません。

そこで「TimeMachineEditor」というアプリを使用すると更新頻度を変更することが可能です。
こちらのページのDownloadと書かれたところよりダウンロードが可能となっています。
https://tclementdev.com/timemachineeditor/

ダウンロード後の設定方法は以下の通りの設定を行います。

  1. 「TimeMachineEditor.pkg」というものがダウンロードされますので、ダブルクリックします。
  2. インストーラーが開くので、「続ける」ボタンを押します。
  3. 「インストール」を押します。
  4. Macのログイン時のパスワードを入力して「ソフトウェアをインストール」を押します。
  5. インストールが完了しますので、「閉じる」を押します。
  6. インストーラは使いませんので「ゴミ箱に入れる」を押します。
  7. アプリケーションフォルダ内に「TimeMachineEditor」というアプリが入っていますのでダブルクリックをして開きます。
  8. Backupの頻度を「不使用時」「インターバル」「カレンダー」で設定します。
  9. 設定後に適用ボタンを押すとバックアップ作成のスケジュールが適用されます。(「システム環境設定」内の「TimeMachine」の項目内の「バックアップを自動作成」というチェックが外れます)

TimeMachineで作成したバックアップからファイルを復元する方法

 

誤操作でファイルを削除した場合などのバックアップからのファイルの復元方法は以下の通りです。

  1. 復元したいファイルに適したウインドウを開きます。
  2. メニューバーのTimeMachineメニューから「TimeMachineに入る」を選択するか「アプリケーション」フォルダ>「TimeMachine.app」を開きます。
  3. 復元したいファイルを画面の矢印または画面右にあるタイムラインから特定の日時を指定します。
  4. 目的のファイルかを確認するにはファイルを選択してスペースバーを押すとプレビューが表示されます。
  5. 目的のファイルを特定できれば「復元」ボタンをクリックするか、目的のファイルを選択し、controlボタンを押しながらファイルをクリックして表示される内容から選びます。

一例ですが、復元できるファイルは以下の要領で復元することができます。

  • 「書類」フォルダから間違えて削除してしまったファイルを復元するには、「書類」フォルダを開きます。
  • メールメッセージを復元するには、メールの受信ボックスを開きます。
  • 書類の編集中に自動的にバージョンを保存してくれる App を使っている場合は、書類を開いて、その書類の過去のバージョンを Time Machine で復元できます。

 

今回は「TimeMachineでバックアップの設定方法と使い方」を紹介しました。
TimeMachineは故障時の復旧のためだけでなく、新しいMacを購入した際のデータの移行、変更前の状態に戻したい場合などにも使用できる機能です。
ぜひ設定をして活用しましょう。

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー